マレーシア結婚日記

マレーシア・ランカウイ島に住むyasminの日記です。のんびりしててすみません。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

パパイヤは聞いていた


以前書きました我が家のパパイヤですが、
無事実が熟れまして収穫したんです、3つほど。
写真はないんですけど。


でもって一つは旦那のボスに進呈。
その日の夜にボスのお家でディナーだったもんですから
そこで食べましょうってことになりまして。

ご飯も落ち着き、じゃあデザートねってことで
そのパパイヤを切ったんですけどね。

なんてことでしょう。


無味。


まずい。 がっくり。



ちょーちょーまずいんですよ、ってか味が全く無いんですよ。
はーちゃんなんて「ぶえぇっ!」って吐き出しましたからね。

ホントにがっくり。




でもって、旦那。
すでにパパイヤの木に対する愛情がなくなってしまったのか、
友人宅から『ラズベリーの木』をもらってきたんです。

その友人宅では2mくらいのラズベリーの木が2本あって
甘い実がたくさん生ってたんですよ。

その枝を切って植えればすぐに育つって言われて
もらって植えたんですけどね、

夕べ発覚。


ラズベリーの木、行方不明。 il||li_| ̄|○ il||li


パパイヤの嫉妬か?



まぁ、まだ枝も葉もないただの棒が土にぶっ刺してあっただけ
ですので、子供たちがいたずらで抜いちゃったんじゃないかと
思うんですけどね。


植物も愛情の浮き沈みを敏感に感じるのかもしれません、
と、思ってしまったのであります。



旦那が「パパイヤはもう切ってラズベリーにする!」とか言うから→
パパイヤの精が怒ったのよ、きっと。→人気ブログランキングへ

スポンサーサイト

| 日々のこと | 01:19 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

パパイヤさんは「こんな枝に負けてたまるか!!」って思ったかもしれないですね~。

ちなみに旦那実家にいた頃、門の外に置いてた柑橘系の植木を植木鉢ごと盗られたことがありました。数日前に義父が水やりをしてたら「この木いいね~」とか熱心に話しかけてきた人がいたらしく、義父母はその人がアヤシイと言ってたようですが、真相は謎のままです・・。

| すみか | 2010/11/01 09:25 | URL | ≫ EDIT

パパイヤってよく青い実のころに
千切り?にして炒め料理とかにするやつかしらv-22
南国の不思議なフルーツもっと知りたいですv-237
ラズベリーは本当どこに??

| sao | 2010/11/01 09:47 | URL | ≫ EDIT

すみかさん

植木鉢ごととは大胆ですねぇ!
疑いたくないし、確かめるにも苗木じゃ名前が書いてある
わけでもないですからね。。。涙
家のパパイヤはその後の実が少し甘かったので、残留決定だと
思います。笑


saoさん

パパイヤとかマンゴーっていろいろ種類があって、サラダ
とかにも使う甘くないのもあるみたいですよー。
家のパパイヤは普通の甘いやつです、見た目柿みたいな
オレンジのやつ。
日本でも今は南国フルーツが揃ってますけど高いですよね。
こちらでは信じられないくらい安く食べられますよー。
楽しみにしてくださいねーーー!!!

| yasmin | 2010/11/01 23:24 | URL |

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2010/11/05 19:25 | |

↑メッセージくださった北海道のYさん。
メールアドレスを送っていただけますか?
入れてくれたのかもしれないんですけど
開かないんです。。。
お返事がこのコメント欄ではちょっとね。。。笑

| yasmin | 2010/11/06 14:26 | URL |

↑お返事ありがとうございます!!
アドレス入れてたんですけど、ダメだったみたいですね…。
また今回もダメでしたら、違うアドレスで入れてみます♪

| yumiko | 2010/11/06 23:51 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://yasminmalaysia.blog25.fc2.com/tb.php/524-fea64d80

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。